トピックス

2021年NCF助成金事業 助成金給付認定者よる研究等成果報告

東洋大学 成果報告書 北海道大学 成果報告書 東京藝術大学 成果報告書 富山市科学博物館 成果報告書 大阪工業大学 成果報告書

2022年学生卒業設計・制作 NCF空間ディスプレイアワード選考報告

2022年6月7日、選考員会にて、最優秀賞1作品、優秀賞4作品、奨励賞4作品の受賞が内定し、同年7月5日、2021年度第3回 評議員会および2021年度第5回理事会にて、承認されました。

2022年空間ディスプレイアワード受賞者

2022年NCF奨学金事業 奨学生選考報告

2022年6月7日、選考員会にて、奨学生8名が内定し、同年7月5日、2021年度第3回 評議員会および2021年度第5回理事会にて、承認されました。

芝浦工業大学   1名
多摩美術大学   2名
東京都立大学   3名
東京造形大学   1名
武蔵野美術大学   1名

2022年 NCF助成金事業

1月27日、選定委員会実施。厳正な審査により、5件の研究者・研究機関が助成金給付対象として内定しました
2月21日、乃村文化財団理事会・評議員会にて正式に認定されました

【助成金給付認定者】

■研究助成
東北大学大学院工学研究科 五十嵐太郎研究室
「商業施設で開催された建築展覧会の史的研究 戦後からポストバブルまでの《ディスプレイのインフラストラクチャ》に着目して」
東洋大学 ライフデザイン学研究科 櫻井義夫研究室
「アドルフ・ロースの建築の空間展示リアルとアンリアルな表現による空間体験方法の研究(Ⅱ)」
■教育普及活動助成
東京大学農学部農学資料館
「地球の持続可能性に向けたローカルからグローバルまでの農学〜展覧会「One Earth as Commons」の開催を目指して〜」
公益財団法人東京動物園協会 井の頭自然文化園
「朝倉文夫と北村西望 二人の関係性」
福岡市科学館
「福岡市科学館基本展示室内クリエイティブアワードおよびキッズクルー事業」
※助成金額:各々50万円程度、5件合計250万円。
助成金給付認定者一覧

2021年 NCF奨学金事業

6月14日、選定委員会実施。厳正な審査により、7大学8名が奨学生として内定しました。
7月2日、乃村文化財団理事会・評議員会にて正式に認定されました。

【奨学生在籍大学および学部学科】

※環境、建築、造形、情報システムなど多様な学科において、空間ディスプレイ分野に関心を持つ方々に対して、奨学金を授与いたします。
  • 芝浦工業大学 建築学部建築学科 2名
  • 京都工芸繊維大学 工芸科学部デザイン建築学課程 1名
  • 東京都立大学 電子情報システム工学科 1名
  • 東京造形大学 造形学部デザイン学科 1名
  • 多摩美術大学 美術学部環境デザイン学科 1名
  • 武蔵野美術大学 造形学部工芸工業デザイン学科 1名
  • 大阪市立大学 工学部建築学科 1名

※奨学金額:各々月額5万円、入学一時金25万円
※期間:12ヶ月/年×4年(学部期間)

2021年 NCF助成金事業

6月16日、選定委員会実施。厳正な審査により、5件の研究者・研究機関が助成金給付対象として内定しました。
7月2日、乃村文化財団理事会・評議員会にて正式に認定されました

【助成金給付認定者】

■研究助成
東洋大学 ライフデザイン学研究科 櫻井義夫研究室
「アドルフ・ロースの空間展示リアルとアンリアルな表現による空間体験方法の研究」
大阪工業大学 ロボティクス&デザイ工学部 空間デザイン学科 建築計画研究室
「多視点による共有が可能な客観型VR/ARディスプレイの設計と設営」
北海道大学 高等教育推進機構 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)ソーシャルデザイン実習
「アノオンシツのディスプレイを通した新たな科学技術コミュニケーションの場づくり」
東京藝術大学 大学院美術研究科建築専攻 環境設計第一研究室 青木淳研究室
「テランポリーなリノベーションとしての展覧会」
■教育普及活動助成
富山市科学博物館
「没入型映像によるインタラクティブな空間演出と科学」
※助成金額:各々50万円程度、5件合計250万円。
助成金給付認定者一覧
株式会社乃村工藝社 総合ディスプレイ会社